【2018 全日本選手権ルール説明】

ラックは全てセルフラックです。
今回の選手権もラックスポットシールを採用しています。
プレーヤーは、必ずスポットシールの上にラックして下さい。
スポットシールの上にラックされていない場合は、クレームが付けれます。
それ以外のクレームは、付けれません。

The rack is done for myself.
The rackspot-seal is used on the racking in this championship.
Players can check the rack and request re-racking when balls is not on the spot-seal.
The other request about the racking is not accepted.

スコアもプレーヤーが次のラックをブレイクするまでに入れて下さい。

The players must check your point on the score board by yourself.

ステージ1はタイムスケジュールはありません

The matches of men’s stage 1 are not on time schedule.

運営席の裏のボードにタイムスケジュールが貼ってあります。
プレーヤーは、ゲームナンバーで自分のスタート時間を各自で確認して下さい。

Please check the time schedule in the venue.
The player must check your starting time by a game number.

運営からコールが有り直ぐ来ない場合、再コールする。
2度目のコール後5分経過しても来ない場合は、負けとなります。
Your name will be announced before your match start.
In the case that you do not show up after the first announcement, your name will be announced again.
If you still fail to show up for your match 5minutes after the second announcement
You will be lost.
バンキング前に1選手につき10ショットの練習が出来る。

The player can practice only “10” shots before your match.

ジャンプキューの長さは、101cm以上タップの直径は、14mm以下
タップの材質は、問いません。

You are allowed to use up to 3 cue sticks.
As for jump cue, length should use 101cm or more and a thing with a diameter of 14mm or less of a tip.

タイムアウトは、全試合1選手につき1回5分間とする。
タイムアウトの時間を過ぎてもテーブルに戻らない場合は、次のセットを失う。
(ブレイク権も相手に移行します。)
以後、3分経過しても戻らない場合は、その試合は、負けとなる。
タイムアウトの計測は、選手が会場入口を出て、テーブルに戻る迄とする。
タイムアウトは、撞き番に関係無くラックの切れ目でのみ取れる。
相手選手のタイムアウトでもテーブルから離れても良い。
その際には、もう一人のプレーヤーも同じくタイムアウトを取ったものとします。
テーブルを離れない場合は練習もOKです。

The player can take only 1 time-out per match within 5 minutes.
If you fail to return to the match following the 5-minutes time out, you will lose the next set.
If 3 minutes following the 5-minutes time out, you still do not show up, you will lose the match.
Time out duration starts when you leave the tournament hall and finished when you return.
Time-out is indicated for both players.
In case of taking away from the table, regardless of it’s order.
All players can practice as long as staying at the table.

計測を目的としてテーブルにキューを置いて手を離せばファールとなります。
尚、計測を目的としていなければセーフです。
If you leave your cue on the table as a purpose of measurement, its will be foul.
But, it will be ok otherwise you mean to measure.
シュートアウトのコールは、「シュートアウト」・「プッシュ」・「プッシュアウト」
のどれでも良い。
シュートアウトは、最小番号に当たっても良い。

When you mean “push out”, please call “shoot out” , “push” or “push out”

シュートアウト・・スリーファール等は、全て相手プレーヤーに了解を得て下さい。
特に、スリーファールは、相手に「ツーファール」・「スクラッチツー」等を
必ずコールする事。
コールが無ければ、スリーファールは取れません。

You must call the “2 foul” for your opponent.
Unless you call “2 foul”, 3 foul will not be accepted.

会場内には2名のレフリーがおりますが、基本的には相手レフリーとなります。
ジャッジの際どい球などは、必ずレフリーにジャッジをお願いして下さい。
不測の事態が発生した場合、運営の判断を優先とします。
There are 2 referees in the venue. Just in case the difficult situation to judge, please ask a referee.

基本的にタイムルールはありませんが、著しくゲームの進行が遅く運営に支障をきたすと判断した場合は、両者にポイントを加算する場合があります。
尚、フルセットもしくは一方がマッチポイントの場合はこの処置は採用しません。
それでも進行が遅い場合は、1ショット45秒のタイムルールを適用します。

タイムルールに入った場合、1ラックに1回45秒のエクステンションがあります。フルラックのみ2回のエクステンション30秒の経過で30秒のコール残り5秒から「5、4、3、2、1、エクステンション」と自動で入ります。
We don’t adopt “time rule” in effect.
But when management judges the game is too slow to progress the tournament,
Score might be given to both players.( just in case the game is full set or either player
gets to match point, we don’t adopt this measure)
and still the game is too slow, we adopt 45seconds/1shoot rule.
30seconds past, the referee announces 「30 seconds !」.
40seconds past, the referee announces 「5, 4, 3, 2, 1, Foul !」
During this time rule, players can’t use extension. But players can take timeout before your or your opponent’s racking.

プレーヤーは指定席には座らないようにしてください。
トイレでは絶対にタバコは吸わない様にしてください。もし発見した場合は、
試合を負けとします。
会場内はすべて禁煙です。(1階奥の選手控え室み喫煙OKです。)

Players must not take a reserved seat.
Smoking is prohibited in the rest room (toilet)
If you smoke in the toilet, you will lose the game.
※Just in the Players room, you can smoke.